JR東日本アプリ(AirStamp)

スポンサード リンク


JR 東日本アプリの「山手線トレインネット」は車両ごとの混雑状況や車内の温度までわかるサービスだが、

どうやって情報を取得しているのか気になった。

「AirStamp」は人には聞こえない音波を発する装置と、

スマートフォンのマイクを使ってチェックインする仕組みとのこと。

音波は壁を通り抜けないので、「山手線トレインネット」のように車両ごとの温度がわかるらしい。

これを使えばGPSなどが利用できないイベント会場などの場所でも、

チェックインサービスを使うことができる。

 

参考
NTTドコモ
ITmedia

スポンサード リンク

return top